熟年離婚(それまでの不満が一気に爆発するというケースが多いみたいですね)という言葉が流行し始めたのは、2000年代に急増したことがきっかけでしたが、2005年に放送された「熟年離婚」と言うドラマによって広く知られるようになりました。熟年離婚により大きくクローズアップされることになったのが、離婚(一度成立した婚姻を解消することです)後の年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)問題です。当時流行した熟年離婚は、専業主婦(女性の社会進出が進む一方で、専業主婦になりたいと希望する女性も増えているようです)だった妻が子どもの成人や結婚(豪華に式をあげたいという女性も多いですね。ウェディングプランナーという職業も人気です)、あるいは、夫の定年退職を機に夫に離婚届をつきつけるというものでした。専業主婦を長年努めてきた妻は「第三号」と呼ばれる国民年金に加入しており、その保険料は夫の扶養と言うことで支払いを免除されていたのですが、それゆえに受け取れる金額も国民年金と同程度しかもらえません。社会保険に加入している夫はそれなりの金額を貰えますから、一般的には二人の年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)を足して老後を迎えれば何とか生活に支障はありませんが、ひとり分の国民年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)だけで老後(趣味としてインターネットを始めたり、ペットを飼い始める人も少なくないでしょう)の生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送るのは難しいんですね。しかし、子供の成人や夫の定年と言った時期での離婚では、その際に所持している財産分与は行われますが、離婚後に支給が開始される年金に関しては、当初は妻側に夫の年金を請求する権利はありませんでした。長い年月専業主婦(家事や育児に専念する既婚女性を指しますね)だった女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が、中高年になってから職を探すことだけでも大変なのですから、退職金を財産分与で貰って離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)したとしても老後(趣味としてインターネットを始めたり、ペットを飼い始める人も少なくないでしょう)を年金に頼ってくらすのは大変難しい事です。この為、2004年に法改正が行われ、結婚(豪華に式をあげたいという女性も多いですね。ウェディングプランナーという職業も人気です)期間中に支払われた年金額に応じて、夫の年金の一部を離婚後の妻が請求する権利が認められましたー