キャッシングなら10万円借りることも簡単

急な出費が続いて生活費が足りなくなったという事態も、日々生活していれば十分にあり得ることです。貯金があれば崩せばどうにでもなるかもしれませんが、貯蓄もなく、親や友達にも頼ることができないという状況では、全く別の場所からお金を借りる以外に方法はありません。
そのようなときに、クレジットカードがあると助かります。クレジットカード払いができれば、ひとまず少なくとも翌月まで支払いを先延ばしできます。1回払いならば利息や手数料もかかりません。
また、どうしても現金が必要になったなら、クレジットカードのキャッシングを選択するのもひとつの手です。
人から10万円を借りることは非常に難しいことも多いですが、キャッシングなら即日融資で10万円以上ものお金を借りることが出来たりします。クレジットカードのキャッシングは審査があり、そこを通過すれば、そのままATMで借入が出来ます。
例えば、家賃の支払いを10万円以上滞納していてお金を作らなければ行けないという時などには、クレジットカードのキャッシングを使えばその問題を解決可能です。
現金を借りることに重点を置くならば、テレビや雑誌などで紹介されている消費者金融を確認すれば即日融資可能なカードローンは沢山あります。即日融資とは申し込みを行ったその日にお金を借り入れできるという意味です。
しかし、生活費にも充当するだけの金額、10万円という金額がその日のうちに用意できるか心配になる人も多いでしょう。結論から言えば、即日融資で10万円を手にすることは不可能ではありません。貸金業法における総量規制は50万円を超える融資について収入証明書の提出を義務づけていますが、それ以下の金額については問題ないとしています。つまり、10万程度の借り入れであれば、収入証明書を用意する必要もなく、年収が60万円も超えていれば十分に利用することが可能なのです。収入さえあればアルバイトをしている学生でも20万円の融資が可能ということになるので、急遽お金が必要になった場合は検討してみると良いでしょう。
また、即日融資で10万円借り入れた場合の金利についてですが、10万円程度なら、基本的に毎月の金利は一万円にも満たないので、返済の負担も何十万円と借りる場合に比べれば、少ないと言えます。法律で金利の上限も決められているので、怪しい業者を利用しなければ法外な金利を請求される事もありません。
ですので、どうしても10万円が必要でお金に困ったら、クレジットカードや消費者金融のキャッシングで何とかする手も得策です。ちなみに、10万円以上もの現金を融資してもらえることもあります。特に、大手企業へ勤めている人や公務員等安定した仕事をしている人は、消費者金融も多くの利用可能枠を設定してくれることも多いです。もっと借り入れたい方は、審査の時に聞いて見るのも方法です。