おまとめローンで得をするための秘訣とは?

クレジットカードのキャッシングや銀行カードローン、消費者金融のフリーローンなど、手軽に現金の借り入れができる手段が増えた現代、多重債務を抱えることは、珍しいことではなくなりました。
2010年の貸金業法の改正により、総量規制が設けられたことで、いわゆるサラ金の返済に追われる人は少なくなったものの、多重債務者の借入先が限定されることで返済が滞るのは本末転倒です。
そうした背景で生まれたのが、おまとめローンです。
複数の借金を一社にまとめることで、返済の負担を軽くするのが目的のローンです。
おまとめローンを利用して、借入先を一社にすることで、月々の返済額を抑えることができます。
また、返済日も一つになるので、うっかり返済を忘れることもなくなります。
そして、おまとめローンの金利は低めに設定されていることが多く、返済総額を抑えることもできます。
このように、おまとめローンにはメリットがたくさんあるのです。
一方で、おまとめローンにはデメリットもあります。
それは、月々の返済額を減らすことを優先することで、返済期間が長くなり、結果として返済総額が増えることがある、多重債務者への貸し付けになるので審査に通りにくいことは、デメリットといえます。
つまり、おまとめローンを利用するにあたって、メリットとデメリットを理解した上で、申し込む方がよいか否かを、検討する必要があるのです。

おまとめローンで得をするためのポイントは?

では、おまとめローンを利用することで、得をするにはどうしたらよいのでしょうか。
まず、返済総額が下がるよう、おまとめローンを組むことです。
再び多重債務に陥ることを避けるためには、フリーローンを使って借金を一本化するのではなく、返済専用のおまとめローンに申し込むことをおすすめします。
おまとめローンは銀行でも消費者金融でも取り扱っていますが、銀行は低金利なものの審査は厳しく、消費者金融は金利は高めですが審査が緩いなど、特徴が異なります。
返済を考えれば、できるだけ年利が低いおまとめローンを選ぶのも、重要です。
また返済方式も、毎月の返済額が一定で元金と利息の割合が変化する「元利均等返済方式」と、返済日時時点の借入残高に応じて返済額が変動する「残高スライドリボルビング返済」では、返済総額に差が生まれます。
早期返済が可能かどうかも含めて、きちんとリサーチした上で、申し込むようにしましょう。

おまとめローンの一覧比較は、本当に最適なサービスを見つけれるのか?

今では、インターネット検索により、様々なおまとめローンを一括で比較することができます。
特に金利や最高融資金額については記載されており、契約申し込み契約時の重要ポイントとなります。
しかし、比較サイトに掲載されている情報は一部であり、そこから見えるおまとめローンの問題も確認することが出来ます。
まずは、融資限度額の規制の有無であり、この点については銀行法または貸金業法の適用のどちらかが確認できます。
そして、意外に重要なのは収入証明書類の提出であり、300万円以上の融資額であれば、収入証明書類の提出が必要となります。
おまとめローン 体験談を見てもわかるように銀行系のおまとめローンであれば、貸金業法に定められる総量規制対象にならないとなりますが、保証会社の存在が重要となります。
先ず、300万円以上のおまとめローンにおいて収入証明書類の提出が必要な場合、保証会社が貸金業法指定個人信用情報機関または日本クレジット信用機構の情報を利用していると判断出来ます。
ただし、返済方法については、口座引落やATM返済、銀行振込とはあるものの、実際の返済方式についての情報がないことがあるため、この点については各公式ホームページから確認することをおすすめします。
おまとめローンの比較一覧サイトですが、ある程度の情報が纏まっているため、契約前に申し込み先の絞り込みを行う際に非常に便利になります。

おまとめローンの一覧比較で注意するポイントは?

おまとめローンの比較一覧サイトにおいて、重要なポイントは返済方法がリボルビングスライド方式または一定金額返済方式以外にもあります。
実は、比較一覧の中にアコムやモビットなどといった消費者金融が銀行系のおまとめローンの比較対象に混じっています。
そもそも、消費者金融のおまとめローンは、『貸金業法に基づく借り換えローン』として提供されており、おまとめ対象は貸金業者に限定されています。
実際、比較一覧にはこのような注意点が記載されていないことが多く、契約検討時に銀行のカードローンもおまとめ可能と考えてしまいます。
そのため、消費者金融のおまとめローンが一覧に記載されている場合は、どのような金融商材であるのか確認することが非常に重要となります。
そして、比較一覧において間違った認識をしないためには、最高金利の条件を必ず確認することをおすすめします。
人間は、自分の都合の良い解釈をすることがあり、おまとめローンにおいて低い金利を期待します。
特に、金利9.0%~14.8%といった記載があった場合、最低金利または中間を期待しますが、必ず最高金利になることを想定する必要があります。
そもそも、融資金額が高額なほど、金利は減少する傾向にあり、100~200万円のおまとめローンにおいては最高または近い金利が適用されてしまいます。
一覧比較は、検討する際には便利なものですが、必ず公式ホームページでの確認を怠ってはいけません。