教育ローンとは、こんなもの!

高校の入学から大学卒業までの必要な費用は、平均して1000万円程度と言われています。もちろん私学だったり国公立だったりすれば、大きな差が生まれることでしょう。特に私学の医歯薬学部はべらぼうに高いのです。
そんなにかかるとは!?私達の年収で足りるかしら?いいえ足りないわ。じゃあ諦めてしまいますか?学力が有り、やる気もあるのに、お金が足りないがために進学を諦めるのは勿体なさ過ぎます。
そこで出てくるのが教育ローンですね。教育ローンとはその名の通り、公的な機関もしくは銀行などから足りないお金を融資していただくことになります。基本的には奨学金を借り、それで足りない分を教育ローンとして借り入れする形になるでしょう。奨学金とは、比較的優しい条件で低金利の融資をしていただけるものですが、上限が決まっています。複数の機関からの借り入れは面倒で煩雑だと思われるかもしれませんが、金利は圧倒的に低金利であり、条件によっては金利無しということもあるので是非併用されてみてください。
きちんと資格を取るなり勉強するなりして企業に就職できれば、大概ローン分のお金くらいなら戻ってきます。教育ローンとは自己投資であり、子への投資となります。それぞれの機関に良い点、悪い点がありますので、それは自分の目で確かめて、考えていただければと思います。